作者別: KEIKA SATO 2ページ/2ページ

Q.コンクリートの建物にしたいのですが、高いって本当ですか?

[建主様のご質問]では、建て主様からいただいた家づくりに…

Q.どの樹種の木材がどの部位につかえるのですか?

[建主様のご質問]では、建て主様からいただいた家づくりに…

【寄稿しました】世界を視る視点として、アートの果たす役割。-「いま、被災地から ―岩手・宮城・福島の美術と震災復興―」

【寄稿しました】 インタビュー&キュレーションサイト&#…

【寄稿しました】展覧会というメディアで世界の「見方」を提供する ―『ポンピドゥー・センター傑作展』をみてー

【寄稿しました】 キュレーションサイト “c…

新建築住宅特集2016年6月号に”Diagonal Boxes”が掲載されました。

新建築住宅特集2016年6月号に”Diagonal Bo…

【寄稿しました】身体とファブリックのあいだ → ファブリックとウォールのあいだ 展覧会『MIYAKE ISSEY 展』をみて

【寄稿しました】 身体とファブリックのあいだ → ファブ…

【寄稿しました】つくることと読み解くことと使うこと 映画『もしも建物が話せたら』を観て

【寄稿しました】 映画『もしも建物が話せたら』についての…

『レム・コールハースの読解の読解』トークセッション忘備録

忘備録 件名:『レム・コールハースの読解の読解』トークセ…

Pen Magazine No.402 (2016/4/1) の「Creator’s fileアイデアの扉」にてインタビュー記事を掲載していただきました

Pen Magazine No.402 (2016/4/…

『佐々木睦郎最終講義』 忘備録

忘備録 件名:『佐々木睦郎最終講義』 場所:法政大学 外…

roppongi hills artelligent christmas 2015 インスタレーション

photo(C)Kenta Hasegawa photo…

吉祥寺駅北口駅前広場で展開するインスタレーション

photo(C)babizo photo(C)Yukit…

建築家 フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea”

建築家 フランク・ゲーリー展 “I Have an Id…

表現者から、表現者を支える人に。ルフトツーク・ディレクター遠藤豊さんのインタビューを行いました。

表現者から、表現者を支える人に。ルフトツーク・ディレクタ…

NHKワールド「デザイントークスプラス」で、”GLACIER FORMATION” が取り上げられます。

NHKワールド「デザイントークスプラス」のガラスを特集す…

ニューヨーク・ボストン、建築巡礼の記録

Record of a short trip to NY…

『オスカー・ニーマイヤー展』 ブラジルの世界遺産をつくった男

『オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった…

「戦後日本住宅伝説」展

柴田直美さんに勧められて、八王子夢美術館にて、「戦後日本…

「村野藤吾の建築」展

「村野藤吾の建築」展@目黒区美術館について、レビューを寄…

『環境としての建築』 3分レジュメ

  『環境としての建築』(SD選書、レイナー・…

「余白」のスペース

  都営霞ケ丘アパートの敷地に隣接した、公園のような、空…

どんな仕事も

「こういう建築が世の中に増えていったら社会が良くなってい…

削ぎ落とすのではなく、取り込む

Crystal View 削ぎ落として、削ぎ落として、削…

2015年5月3日は、息子の4歳の誕生日。

2015年5月3日は、息子の4歳の誕生日。 息子に自分た…

AGC旭硝子がMilano Salone 2015に出展したインスタレーション

photo(C)Ayako Nishibori phot…

ミラノサローネ2015記録

AGC旭硝子がミラノサローネ2015に出展(初出展)する…

ガラスのカタマリ

世にも珍しいガラスのカタマリ。 ガラスの釜の底の方に溜ま…

AGCが出展するミラノサローネの展示の空間デザインを担当

AGC 旭硝子が、今年4月にイタリアで開催されるミラノサ…

2015年の抱負的なもの

2015年の抱負的なものを考えてみた。 #1  開かれた…

インターステラー

年末の激務の合間を縫って、インターステラー、ようやく観る…

「CITIZEN “LIGHT is TIME”」凱旋展

締め切り直後、徹夜明けにヘンな時間に寝てしまい、ひとり時…

台中メトロポリタンオペラハウス、9年間の軌跡。展覧会をギャラ間でみた

締め切りも終わったので急遽オフにして、台中メトロポリタン…

金沢21世紀美術館「ジャパン・アーキテクツ 3.11以後の建築」

先週末を利用して、金沢21世紀美術館に。 『JAPAN …

14/10/11-13 東北視察の記録

14/10/11-13 東北視察の記録   1…

ジェフリー・バワの建築訪問記  ~内と外の曖昧な境界って?~

遅めの夏季休暇をいただいて、スリランカへ。 目的は、ジェ…

鈴鹿哲夫展 をみてきた ピクセル表現という「現代性」を示す記号

鈴鹿哲夫展 ロンドンギャラリー白金 白金アートコンプレッ…

ジョージ・ネルソン展 をみてきた

ジョージ・ネルソン展をみてきた ジョージ・ネルソン展 目…

14/08/30

今日は、重要なプレゼンテーションのあった日。 しかも、一…

14/08/29

今日は、武蔵野美術大学の4年生のくればやしさんが事務所に…

映画『トランセンデンス』をみた  人間性vs科学技術っていう構図、ほんとか?

映画『トランセンデンス』を観た。 http://tran…

フードだけじゃなくて建築も右翼と左翼  『フード左翼とフード右翼』速水健朗著を読んで

注:画像は内容とは一切関係ありません 『フード左翼とフー…

経済と建築についてほんの少し考えてみる    『変わった世界 変わらない日本』野口悠紀雄著 を読んで     

『変わった世界 変わらない日本』野口悠紀雄著 を読む。(…

義父の本が出版されました ―父と娘・際立った個性と才能の対峙―

義父の本が2冊、出版されました。 左が、伝説の授業として…

かたち の はたらき

今日はある打ち合わせがあって、どういう仕事をしてきたのか…

平田事務所の送別会がありました

平田事務所の送別会がありました。 きちんとご挨拶ができて…

竹富島 グローバルを受け入れたときにローカルはどうなってしまうのか

竹富島で2泊しました。 一泊目は町のおじさんおばさんの住…

石垣島の信仰 たどりつけない聖域

退職の記念として、沖縄の離島へ家族旅行をしてきました。 …

退職のおしらせ

わたくし佐藤桂火は、2014年3月31日をもちまして、 …

2006/08/02 ルイジアナ美術館 自然な集合体をデザインすること

北欧旅行の記録の再掲、第二段。 コペンハーゲンで印象深か…

富士山世界遺産センター(仮称)建築工事設計業務公募型プロポーザルについて

富士山世界遺産センター(仮称)建築工事設計業務公募型プロ…

キュレーションしてある本屋さん

けやき坂のTSUTAYAがリニューアルされていて、とても…

2006/08/01 教会2作―ヴェアスヴェドとグルントヴィークス

ずいぶん昔に書いていた日記のうち、旅行に関する類のものを…

建築を生業にしている人がみて、面白いと思えるであろう映画たち

映画を良く観るようになった。 原因は明快で、子供が生まれ…

畏れる気持ち

元旦に出雲に飛行機で行くときに、幸運にもふつうはありえな…

ホテル東光園 ”虚数みたい”  

元旦に出雲大社でお参りした後に、こちらに宿泊。 ホテル東…

ヨゼフ・アルバース / Josef Albers の実験 その「賢さ」

ヨゼフ・アルバースという人がいる。   この人…

出雲大社庁の舎に行ってきた

2014年元旦は出雲大社でお参りをしてきました。 言わず…

川島範久の設計によるヘアサロン「a seed」に行ってきた

行ってきました、ヘアサロン a-seed 設計は、大学時…

「正しさ」によるディフェンス

今日、FBのタイムラインで、「復興を卒業する」というよう…

「コブシを効かせる」

今日は映画『ゼロ・グラビティ』をようやく観ることができた…

《見る》《見られる》の関係をブチ壊す展示空間 -クリスチャン・ボヌフォア展を鑑賞して-

クリスチャン・ボヌフォア展@メゾン・エルメス銀座 会場構…

NISHINOYAMA HOUSE

浮気保育園プロポーザル、プレゼンテーションに行って来きた…

浮気保育園プロポーザル、プレゼンテーション

浮気保育園プロポーザル、プレゼンテーションに行って来まし…

徳雲寺納骨堂再訪

  先日、機会を得て、菊竹清訓の徳雲寺納骨堂を…

明治百年記念展望塔

以前からずっと訪れてみたいと思っていた富津岬の明治百年記…

大谷資料館

木更津から那須塩原に向かう途中で宇都宮に立ち寄り、ついに…

やわらかい粗密のつくり方

今日は、インターンに来てくれている学生に模型製作の指示を…

児玉画廊 (平田晃久建築設事務所設計で担当)

児玉画廊に行ってきた。実に5年半ぶり。 平田晃久建築設事…

結婚5年目

08/08/08から5年経った。 08/08/08という…

アンドレアス・グルスキー展 写真はそのままでは真実を表さない

先日、アンドレアス・グルスキー展に行ってきました。 大き…

達谷窟、まさかの懸造

坂上田村麻呂による建立、岩手県一ノ関の西光寺。 ボスによ…

たくさんのものが寄り集まって大きな集合体になること

『巨木。大きな木にインスピレーションを得る』という先日の…

巨木。大きな木にインスピレーションを得る

巨木。あるいは巨樹。 ある時期、建築を考える際の参考とし…

雨は漏れなくてあたりまえ

毎日建築設計に携わっていると、大部分の労力は予算内に施工…

セミラチス≒ツリーの重ね合わせ という考え方

人口都市はツリー上の硬直したシステムでできていて貧しい空…

第一子誕生

第一子誕生   2011年5月3日午後4時41…

学生時代のヨーロッパ建築巡礼の記録

学生時代のヨーロッパ建築巡礼の記録はこちら↓ http:…