photo(C)yutaka suzuki

photo(C)yutaka suzuki

 

Diagonal Boxes
–環境をシェアして自然と繋がる住宅–

埼玉県所沢に建つ、祖父母・父母・子供2人の3世代の家族のための住宅。地球、自然、都市、近隣といった環境を他者とシェアしながら、自分たちも最大限享受できるような、全体性としての建築を目指した。

分譲住宅団地の一角にある敷地は角地で、西側が畑に面して開けている。大小の正方形平面の箱を重ねたシンプルなボリュームを、1階は敷地境界に沿って南東側に寄せて配置し、その上にリビングの大開口が真南に向くように、45度回転させて2階の箱を重ねた。この形状・配置計画により、隣家の敷地に落ちる影をできるだけ減らし、風を受け渡し、街路への圧迫感を抑えるとともに、住宅自体も存分に太陽と風を享受できるような、自然との繋がりを日々感じる光あふれる室内空間をつくり出した。

photo(C)yutaka suzuki

photo(C)yutaka suzuki

photo(C)yutaka suzuki

photo(C)yutaka suzuki

photo(C)yutaka suzuki

photo(C)yutaka suzuki

photo(C)akira nakamura

photo(C)ARTENVARCH

photo(C)ARTENVARCH

photo(C)ARTENVARCH

 

 

環境をシェアして自然と繋がる住宅

埼玉県所沢に建つ、祖父母・父母・子供2人の3世代の家族のための住宅。地球、自然、都市、近隣といった環境を他者とシェアしながら、自分たちも最大限享受できるような、全体性としての建築を目指した。

分譲住宅団地の一角にある敷地は角地で、西側が畑に面して開けている。大小の正方形平面の箱を重ねたシンプルなボリュームを、1階は敷地境界に沿って南東側に寄せて配置し、その上にリビングの大開口が真南に向くように、45度回転させて2階の箱を重ねた。この形状・配置計画により、隣家の敷地に落ちる影をできるだけ減らし、風を受け渡し、街路への圧迫感を抑えるとともに、住宅自体も存分に太陽と風を享受できるような、自然との繋がりを日々感じる光あふれる室内空間をつくり出した。

この配置によって分節された南西側と北西側のふたつのスペースは、それぞれ庭と駐車場とした。

2層吹抜けのリビングが家族の生活の中心となる。真南に向いた大開口をもつため、冬季には長時間日射が入り込み、夏季には庇によって日射が遮られる。リビングの前には半透明の壁と穴の開いた屋根で囲まれた半屋外的なバッファー空間を設け、街との距離感を調整した。玄関を挟んでリビングの反対側には祖父母のための和室を配し、2階には父母の寝室と子供部屋、書斎や第2リビングといった主に子世帯が使う諸室を配置した。和室や子供部屋は間仕切壁を追加可能とし、将来の家族変化に柔軟に対応できるようにした。

充填断熱と付加断熱、真空トリプルガラス、樹脂サッシ、断熱ハニカムブラインド、および高気密処理により外皮性能を高めた上で、床下に水入りペットボトルを敷設し、冬季の日射を蓄熱できる全熱交換式の換気システムとすることで、暖冷房なしの自然室温状態でも快適な温熱環境とし、「自然との繋がり」を一層愉しめる住宅とした。なお、本住宅は低炭素住宅の認定を受けており、屋根には10kWの太陽光パネルを設置し20年間の固定価格買取制度を利用している。

PUBLICATION:
日経アーキテクチャー2016/08/11発売号
LiVES 2016 AUG. &SEP. vol.88
コンフォルト2016年8月号
新建築住宅特集2016年6月号
Pen online(2016/06/07)
日経アーキテクチャーWEB版(2016/06/06)
Pen Magazine No.402 (2016/4/1) 

AWARDS:
第7回サステナブル住宅賞」 国土交通大臣賞(最優秀賞)
「住まいの環境デザイン・アワード2017」 優秀賞

基本データ ————————————————————————————————————————

主要用途/専用住宅
家族構成/夫婦2人+父母2人+子供2人

設計・監理
川島範久+佐藤桂火+高瀬幸造/ARTENVARCH
構造 平岩良之
照明 CHIPS LLC.
担当/永島和弘 永島有美子
協力 大沼友佳理 吉澤敬一郎 遠藤貴弘 高木理菜 丸山亮介
國友拓郎 榑林千陽

施工
山崎工務店 担当/沢崎真弥 小松有哉
設備 須田空調工業 担当/須田崇 須田隆博
電気 根本電気商会 担当/根本博之
外構・造園 こしかわ園 担当/越川優

 環境性能 ————————————————————————————————————————
断熱性能(外皮平均熱貫流率) 0.35W/m2K
※HEAT20 G2グレード相当
※断熱ブラインドの効果は計算に見込んでいない
冷房期の平均日射熱取得率 2.1%
設計1次エネルギー消費量 85.3GJ
※WEBプログラムにより計算。断熱ブラインド、ペットボトル水蓄熱、通風の効果および太陽光発電は計算に見込んでいない
気密性能(相当隙間面積:実測値) 0.16cm2/m2
太陽光発電 10.08kW(20年間固定価格買取制度)
エネルギー管理  HEMS(室温・電力・ガス・水道消費量計測)

利用制度——————————————————————————————————————————————
低炭素建築物認定制度
住宅性能表示制度(耐震等級2 、劣化対策等級1、維持管理対策等級3、断熱等性能等級4、1次エネルギー消費量等級5)
固定価格買取制度 (20年)
省エネ住宅エコポイント制度
所沢市スマートエネルギー補助金