Pocket

[建主様のご質問]では、建て主様からいただいた素朴な疑問について、ひとつひとつ答えていきます。もし建物づくりに関する質問がありましたら、メールにて受け付けています。

 

Q.ローンはどれを選べばいい?

個人住宅のローン商品はいくつもあり、銀行ごとに異なったサービスを展開しているため、その選択肢の多さに戸惑ってしまう方も多いことでしょう。まずライフスパンでのファイナンシャルプランをたてて検討することが重要ですが(こちらのFAQで触れています)、ここではローンを比較検討する際のチェックポイントを示します。

  • 借入額
    • 将来のライフプランとファイナンシャルプランをたててそこから逆算して決定することが重要。
  • 借入期間
    • 金利が低い最近の状況下では、できるかぎり長く借りた方が有利。最長で35年で設定されているケースが多く、借入者の年齢や物件の担保価値によって決まる。
  • 金融機関やサービス
    • 都市銀行、地方銀行、信用金庫、ネットバンクなど、銀行のタイプによって特徴が異なる。
  • 変動金利と固定金利
    • 金利が変動する可能性があるのものを「変動金利」、しないものを「固定金利」といい、契約者が選択可能。金利の将来的な変動は究極的には読み切ることができないが、不動産資産と将来的な預貯金のバランス次第でどちらを選ぶべきかはっきりする場合もある。フラット35のように、全期間固定金利のみというローン商品もある。
  • 繰り上げ返済をするか否か
    • 「繰り上げ返済」には、契約した額よりも多い額を返済していくことで、繰り上げた分の金利がかからないというメリットがある。しかし、金利と資産バランスから決めるべきで、必ずしも繰り上げ返済することだけが得をするとは限らない。
  • 団体信用生命保険
    • 「団信」と略される生命保険で、ローン契約者は通常この保険に加入することになる。高額な住宅ローンの返済中、契約者が万が一死亡または高度障害になってしまった場合に家族に大きな負担がかかることを避けるため、本人に代わり保険会社がローンを完済する制度。必然的に既に入っている生命保険を見直すことが必要になってくる。
  • 元利均等返済と元金均等返済
    • ローン返済方法の違いで、契約時に選択することが可能。「元利均等返済」は金利が変わらなかったとすると毎月一定額を返済する方法で、最初のうちは利息にあてられる割合が多い。「元金均等返済」は、返済額の元金部分は一定だが、最初のうちは利息が大きいため返済額は大きく、次第に低減していく。一般に、「元金均等返済」の方が利息の面で有利と言われるが、金利変動や繰り上げ返済にもよるので、自分たちに合った方式を選択する必要がある。

 

以上が住宅ローンを検討する際の最低限のチェックポイントです。ただし、重要なことは、将来のライフプランやファイナンシャルプランから借り入れ額を導き出すという順番でプロセスを進めていくことです。銀行は銀行側の都合でローンを勧めてきますので、「こちらから選ぶ」という姿勢を取ることが、最終的な満足感に繋がっていきます。

 

※この内容は、こちらの書評でも触れていますのでご覧いただけますと幸いです。

 

参考文献:『建築と不動産のあいだ』 高橋寿太郎・著 学芸出版社
他のよくいただくご質問は、[建主様のご質問 / FAQ]にまとめています。ご依頼に関するご質問はこちら