[建主様のご質問]では、建て主様からよくいただく家づくりに関する素朴な疑問について、ひとつひとつ答えていきます。もし家づくりに関する質問がありましたら、本記事下の欄にコメントいただくか、随時twitter(本サイト右下に私のtwitterタイムラインが表示されています。)またはメールにて受け付けておりますので、お気軽に話しかけてくださいませ。

 

Q.土地や中古物件を探す際は、やはり地元の不動産会社の方が有利ですか?

 

地元の不動産会社の方が有利ということはありません。市場に出る物件は、レインズという不動産屋の情報サイトから不動産情報を取得することができるので、地元であっても遠方であっても同じ情報を取得することができます。1)REINS(レインズ):Real Information Network System の略。不動産情報の標準化・共有化を目的として、1990年に構築された、不動産会社が閲覧できる全国の物件データベース。全国の不動産会社が加入する公益法人により運営されており、宅地建物取引業者として登録した業者のみがアクセスできる。

 

むしろ、地元の不動産会社で直接土地を購入することにリスクがある場合もあります。

 

土地や建物の取引の場合、「売主」側と「買主」側にそれぞれの代理人として不動産の専門家が付き、「売買の仲介」を行うケースが一般的です。つまり、「売主」には「売主」の利益を守る専門家の代理人がいて、「買主」には「買主」の利益を守る専門家が代理人として付き、お互いの利益を損なわない公正な取引を行うという構図です。しかし、「売主」「買主」の双方の代理人が1者しかいないような場合も日本では法的には認められていて、これを「両手取引」といいます。このケースでは仲介業者は専門的知識のない買主・売主に対して利益相反する可能性があるため、仲介業者には高い倫理性が求められるのですが、最初から自分たちの利益のためにこの「両手取引」を狙う地元の不動産屋も中にはあるため、注意が必要です。

 

例えば、情報を外に出さずに自社サイトやスーモ等のサイトにだけ情報をアップしているような場合は、問い合わせをする買主はレインズにその物件情報がアップされていないことを知らない(=不動産の専門的な知識がない状態)ということになりますので、これは最初から「両手狙い」である可能性があります。

 

しかしもちろん、すべての地元の不動産会社がそうであるというわけではありませんし、土地にまつわるより多くの情報を持っている場合も多いのも事実です。その土地の雰囲気や、周辺に住んでいる人々の属性などの情報は、土地を買うかどうか決定するにあたってとても重要な情報であることは言うまでもありません。ですので、自分側の信頼できる不動産仲介者に守ってもらいながら、地元の不動産会社のもつ地場の情報を集めていくことが理想的でしょう。

 


他のよくいただくご質問は、[建主様のご質問 / FAQ]にまとめています。ご依頼に関するご質問はこちら

References   [ + ]

1. REINS(レインズ):Real Information Network System の略。不動産情報の標準化・共有化を目的として、1990年に構築された、不動産会社が閲覧できる全国の物件データベース。全国の不動産会社が加入する公益法人により運営されており、宅地建物取引業者として登録した業者のみがアクセスできる。