Pocket

建築家・ヨコミゾマコトの作品・著作メモ

 

180213 釜石市民ホールTETTO
2つのホール、2つのスタジオ、楽屋、練習室、事務室など、閉じる必要のある部屋を敷地の中に適切に配置し、ウラオモテを明確に区切ることなくコモンスペースでつないでいくだけの、シンプルで効率的なプラン。搬入口さえ一般の来客がアクセスできる位置にあるカジュアルさ。シンプルな配置と外形でありつつ、テクスチャーに対してはさまざまな実験的試みがなされている。コンクリートの凹凸をパテで埋めるようにして塗られた白い塗装。細かい凹凸のあるコンクリート壁は型枠を何か工夫したのかな。