行ってきました、ヘアサロン a-seed

140119

設計は、大学時代からの同期の川島範久。

 

白いカーテンと壁で光を反射させ増幅する、光を充満させた雲のような天井

さわやかで抽象的な屋外空間のような雰囲気

実はこのインテリア、ヘアサロンだということで設計段階の時に僕+妻で案の相談を受けたという経緯があり、
その関係で竣工後、こうやって見学させてもらうことに。
(相談時のやりとりで案の方向性をガラッと変えたらしく、実物を観たのは初めてでしたが、、、すごいよかったby妻)
カウンターも待合スペースも無くいきなり路面部分にサロンが面していてカジュアルな平面計画でありながら、
「会員制ですか?」とお客様に聞かれることもあるという高級感もかもし出されている。
これ、小店舗の美容院というお題に対する回答として、かなり汎用性あるし、
いままで見てきた建築家の美容院の中では一番グッときました。
その後、近くのバーに移動して作戦会議。
なにか面白いことが、できるといいな。