Pocket

岩手県釜石市に立つ海辺の商業施設の計画。

.

敷地は、日本で他に類を見ない、製鉄産業と自然がコンパクトに一体となった釜石湾の景観に恵まれています。その観光資源としてのポテンシャルを最大限引き出すために、防潮堤を越えて海や製鉄産業を眺めの中に感じることができる場所をこの海辺につくることを考えました。

.

観光イベントの拠点として、そして市民が日常的にも訪れる街の一部として、海の幸を楽しむレストランや、街の文化に触れられる展示スペース、そしてイベント広場をつくり、地元の鉄や木の素材を内装にちりばめます。海への開放的な眺望を得られる2階に必要最低限の屋根をかけるシンプルな建物です。イベント時には広場を中心にして建物内部まで含めて一体的に利用できるような、街に開かれた敷居の低い施設となるように心がけています。

.

防潮堤によって街は海と隔てられてしまいました。

.

そこで、いろいろなところから出入りできる「みち」を建物の中にも外にも張り巡らせて、観光客や生活する方々が、街歩きのなかで自然に防潮堤を越えて、イベントやごはんを楽しみながら再び海の存在を身近に感じとれるような場所を、限られたスペースの中にできるかぎりたくさんつくることを考えています。

.

2019年4月オープン予定

オープンまで道半ばですが、市民のみなさんテナントのみなさんに親しまれる施設にするために、プロジェクトチームのみなさんにさらに貢献できるよう、引き続き気を引き締めて臨みたいと思います。

.

※デザインアドバイス業務担当として山下設計東北支社の設計チームに参画してプロジェクトを進めています。