遅めの夏季休暇をいただいて、スリランカへ。
目的は、ジェフリー・バワのデザインしたホテル。
リゾートホテル大好きでバリ島のホテルに関する本を書いたことがある妻と、前職で海外のリゾートホテルの計画を担当したときにいろいろとバワ建築を参考にして気にしてた僕の興味が、ちょうど交差するところにバワがいた、という感じ。

ジェフリー・バワ(Geoffrey Bawa、1919年 – 2003年)

現地人のガイドさんによるとバワはホテルや住宅だけでなく、国会議事堂や大学なども設計した国民的に有名な建築家で、日本でいうと安藤忠雄さんみたいな存在のよう。

今回訪れることのできたバワ建築はどれもたいへんすばらしいものでしたが、僕としては建築のデザインそのものよりも、まずその場所を選ぶ勘というか嗅覚のようなものがすごいな、と感銘を受けました。

IMG_7260 IMG_7264*写真は、ヘリタンス・カンダラマ

これが一番顕著に現れていたのはカンダラマという街の郊外にあるヘリタンス・カンダラマというホテルで、これは既にそこにあった岩の崖地に、それらをわざと残すようにして建てられている。いわば鉄筋コンクリート版かけづくり(清水寺みたいに斜面にたくさん柱を立てて水平の床をつくる建物の建て方)で、建物そのものは柱梁床の鉄筋コンコリート造のモダンな、普通な、ニュートラルなものとしてそこに素っ気なく配置され、あくまでその周りにある岩肌や森や夕日や湖が主役となるように周到にデザインされている。

IMG_7248 IMG_7245

各部屋は細長いプロポーションの平面となっていて全ての部屋から(浴室からも)ガラス張りで森や鳥や猿やらが見えて、そのためにホテルの全長はかなり長くて端から端までで1km近くあり、廊下幅もかなり広くとられていて共用部の面積の割合がかなり大きい。それもこれもすべて、周りの環境を最大限楽しめるように配慮されたゆえの贅沢。

IMG_7275

ファサードなんかは植物で覆われるように木造のアウトフレームが付加されていて、なんだか最近の流行はすでにここでやられてる感がある。

IMG_7225 IMG_7236

バワはたぶん、建物そのもののつくりかたに、力んでヘンなチカラをこめなくても、つくられる敷地の選定や配置やプロポーションを適切にするだけで、印象的な体験を楽しんでもらえると考えていたのではないだろうか。

彼の設計する建築で感銘を受けるものは大概、全体像が捉えにくく、したがってフォトジェニックではなくて、それゆえにその良さが伝えにくいけれど、部分部分のシーンは快適で印象的で、細部までデザインが張り巡らされている感じがある。彼はだから家具もかなりデザインしている。

IMG_7244 IMG_7292

内部だと思ってたところに突然ガジュマルが現れていきなり屋外か、と思ったらすぐ隣に絵画がかけてあってああ部屋の中か、という具合に内部と外部を自由に奔放にミックスしてシークエンスをつくっていくやり方は本当に名人だな、という感じがする。人工と自然が混ざり合うデザイン、ということが、ある意味でもうすでにこの国で完成していたわけです。

 IMG_7305 IMG_7226

ところでスリランカという国はつい最近までイギリスの植民地支配を受けていて、セイロンという国として事実上独立したのは僕が生まれるちょっと前くらい。イギリスの前はオランダ、オランダの前はポルトガルといった具合に、400年近く西欧の国の植民地となっていた。

そう考えてみると、ポルトガルはともかくイギリスとかオランダの人からしたら、このスリランカの気候、裸でいても寒くない、壁なんかなくても凍えない、太陽はずっと出てる、とうことでほとんど天国みたいなものだったんだろう。西欧人の富裕層の別荘もずっと昔からあったみたいだし、ヨーロッパ人の理想郷、憧れのリゾートとしてのスリランカ。

内部と外部が曖昧(つまり外壁がしっかりとつくられてないという程度の意味です)で嬉しいという感覚は、ヨーロッパみたいな(地中海沿岸覗除く)寒い地域に住み、壁はかなり厚くしないと生命が脅かされかねない地域に住む人間の根源的な欲望というか憧れから生まれてきてるようなものだったりするんだろうか、とふと思った。

昔、確か藤森照信さんの本で読んだような気がするけど、前近代のヨーロッパは植民地支配を通してどんどんどんどん自国の外に資源や文化のソースを求めて拡大していき、最後に極東の島国日本の伝統建築の開放性を発見して驚きとともに吸収したことでついに飽和状態に達して昇華してモダンデザインが生まれた、みたいなことらしいんだけど、内と外の境界が曖昧(壁がしっかりと部屋の外と中を区切っていないこと)なことが衝撃をもって西欧に受容されたということだから、やっぱりこの感覚は西欧オリジナルの感覚なんだろうか。そしてそれは巡り巡って現代の日本の文脈の中にもかなり強く残っている。日本らしさとは何か、ということを一生懸命考えて建築のつくりかたのレベルまで落とし込むという努力が、ずっと続けられてきたから。その成果のうちのひとつが内と外の曖昧な境界ということで、それ自体は僕はすばらしいことだと思うし、そこから生まれてきた傑作はたくさんある。

でもまあ実際には日本はかなり寒い国だし、スリランカなんかの境界の曖昧さにくらべたら日本の境界なんかかなりカッチリしなきゃいけない流れだし、だからこそ僕なんかも憧れとともにこういう内部と外部の曖昧さを「あーいいな〜」と思って楽しめるわけです。でもそれは実は日本の気候に合った美学ではないかもしれない。

みんな気付き始めてる、日本に合った建築には実は高性能な外皮が必要でした、という事実に応えらるような新しい美学が必要なのかもしれませんね。

 

_