image

2015年5月3日は、息子の4歳の誕生日。

息子に自分たち夫婦がしてあげられることは何か。それは、親である自分たちが自分の人生を精一杯楽しく、社会に関わりながら生きている、という姿を見せることなんだろうと思います。
彼の人生を通して「このひとすごいな」と思える人にたくさん出会って欲しいと親として切に願っていますが、自分も、その「このひとすごいな」の1人でありたい。

自分にとっては、子供の教育とか職業とかの「形式」を考える前に、まずはそこが大前提だね、と再確認させられた夜でもありました。

4歳の誕生日、おめでとう。