「村野藤吾の建築」展@目黒区美術館

今、ふたたび村野藤吾という建築家にものすごく興味がわいてきた。
スタイルの自由さは、なるほど隈さんがよく研究してるのもわかると思ったし、
構造が表現と一体とならない(断熱性能を確保しコストパフォーマンスを追及すると構造材は”アラワシ”にしにくい、など昨今の背景を踏まえると)ときには、
装飾とかバッファーとかがもう一度表現の主題になるよな、そう思うと村野さんの一部の造形的な宗教施設系を除いた全般の作品はいまも参考になるよな、などなど、思うところありました。

 

スタイルに対するこだわりのなさとか、ほんと隈さんは村野さんのそういうところ好きなんだろうなと思う。
実際のところ今の僕たちの前には、モダン、ポストモダン、ヴァナキュラー風、和風、アルゴリズム風、などなどあらゆる様式がカタログのように一堂に並んで全部選択可能なのだ。

image image image image image image image image image image image image image image